草刈り

本日は1か月ぶりに自宅の周りの草刈りをしました。
午前中の涼しいうちにしたかったのですが、用事ができて
午後の2時から始めました。

befor


正面にみえる木が先日紹介した梅の木です。
まだ梅の実がたくさんついていました。
右奥の木は柿の木です。
御覧のように雑草で覆い尽くされています。

after



約4時間かけて雑草を刈り取りました。フー・・・
陽も沈みかけて今日はこのあたりでおしまいにしました。
草刈りはシンドイですが、刈り終わったあとの満足感がいいです。
あと作業中は無心になれるのでリフレッシュにもいいかもしれません。
それと、汗を洗い流したシャワーの後のビールは最高に旨いです。

剣道

今日の午前中は、子供の中学校で、剣道の稽古があるので、
見学に行っていましたface05
6月28日に松山の県武道館で開催される某大会に、宇和島連合
チームとして出場するため、宇和島市と北宇和郡の中学から生徒
が集まっています。先月選抜会をして、A~Eチームまで、勝ち上
がった順でチーム編成されています。親睦も深める目的もありますicon59



近所の小学校の体育館で、剣道会が週3~4回の稽古をしていて、
小学校の間はずっとそこに通っていました。年間30以上の大会参加
や日曜などに遠征に行き、親もかなり大変です。
子ども2人とも小1から始めたので、実に8年以上の実績があります。

この剣道会は、私が小学生の時から熱心な指導で定評があり、今は
その頃稽古をつけてもらった人たちが、お礼奉公として指導をしています。
かくいう私もその一人。一応、4段の指導者です。
熱心に指導してもらったおかげで、中3の時には県総体、四国総体と
団体優勝し、全国大会で日本武道館に行くこともできましたicon22
もう30年も前のお話ですが・・・・icon10

子供もお世話になった分、仕事と家事を終えてから、子供達の練習台に
なっています。今は老化防止が第一目的です。
もちろん、中学生にはコテンパンにやられますので、もっぱら小学生を
相手にしていますface07



6月21日には、三瓶大会があり、中学校・成人の部に親子そろって出場
予定です。今は、それに向けて老体に鞭打ち稽古に励んでいます!!
実は大会後のビアガーデンが一番の楽しみですicon34

結果は、後ほどお知らせしま~すicon54

                                     by イサタケ2

芸術新潮

芸術新潮6月号は特集として、建築家中村好文と訪ねる
建築家の究極のすまいフィリップ・ジョンソン邸に行こうです。
だいぶ前に南洋堂のネットショップで購入しましたが、まだパラパラとしか
観ていません。

フィリップ・ジョンソンについては、建築関係の方はご存知でしょうが、一般にはあまり
知られていないかもしれません。アメリカ、コネティカット州出身の建築家で2005年に98歳で
亡くなられています。代表作は自身の週末住宅である「ガラスの家」です。
その名のように外壁はすべてガラスになっていて、部屋の中央にあるトイレ・シャワールームのみ
レンガ積みの円筒形の壁で囲まれているという究極のワンルームです。

高校生の頃建築計画という教科書で初めてこの「ガラスの家」の写真を見た時は
正直これが住宅であるとは信じられませんでした。住宅というよりは、広い草原にガラスの箱が
ポツンと置かれたオブジェのようでした。
表紙の写真は「ガラスの家」の内部から広大な庭を眺めたアングルです。

この週末は、その当時を思い出しながら中村好文さんの案内でフィリップ・ジョンソンをめぐる旅を楽しむつもりです。




たためる椅子



この椅子は建築家・吉村順三先生デザインの「たためる椅子」です。
その名のとうり、折りたためることができます。
座布団のように自由に持ち運べ、仕舞えることのできる椅子ができないか
というのが発想の原点とのこと。
もちろん、すわり心地もよくデザインにも優れていることは言うに及びません。
建築家の中村好文氏もこの椅子の開発に深くかかわっております。
1988年八ヶ岳高原音楽堂の完成に合わせ300却が納入され、
1990年より一般にも販売が開始されています。

たたみかたの手順はまず、牛革の座を持ち上げます。



次に向って左側の脚を内側に折ります。



最後にもう片方の脚を折り曲げれば完了です。



木製ですがとても軽く持ち運びも苦になりません。
材は米松で丁寧に磨かれているので触りごこちはとても心地いいです。

この椅子の優れている点は細部へのこだわりだとおもいます。
座をあげたり折りたたんだりするのに用いられる回転ヒンジはアカガシの木製ヒンジが
使われています。木製とするここで金属の冷たさがけされデザインの統一ができます。

細部へのこだわりは吉村先生の真骨頂で、たためる椅子から学ぶことはたくさんあります。




梅と美容院

今日は仕事が休みなので、午前中は梅酒を作りました。畑に梅の実をとりにいくと・・・
なんと!鈴なりとはこのことかーというほどのたわわな梅・・・





梅酒はあっというまに準備完了!4ヶ月後くらいには、美味しい梅酒ができる・・・うふっicon54





午後は、行きつけの美容院へ。オーナー兼美容師のEさんが一人できりもりするのは、
吉田公園近くのドリームさん。





私と同世代で、子供も同じくらいなので、学校のこと、部活のこと、芸能界のこと、ドラマのこと、
ダイエットのことなど、周りに気をつかうことなくおしゃべりして、リフレッシュしてます。





宇和島市内の老舗美容院で、長く修行されてきたので、腕もいいし、明るくて楽しいお人柄なので、
母と私の行きつけの美容院になってま~すicon53
宇和島市内の美容院よりも少し料金が安いのも嬉しいかも・・・icon59





                                                    by イサタケ2

與那原浩建築設計室

長屋門を改修した事務所の内部です。



壁一面を書棚にしていますが、本やファイルでいっぱいになってしまいました。
古い建築雑誌などは処分すればいいのでしょうが、いつか設計の役に立つかも
と思うと、なかなか捨てられません。



もともとは、杉板の天井が張ってありましたが、小屋裏の有効活用と広々とした空間を
確保したいために、取り払い小屋梁をあらわしにしました。
地松の梁には芯墨が打たれ、通り番号が書き込まれていました。
時を越えて、当時の大工さんの手の痕跡を感じることができます。

ブログデビュー

 6月5日、記念すべきブログデビューしました!!

これから、できる限り毎日更新できるよう頑張りたいです!!




『與那原浩建築設計室』    公式サイトへ
ブログバナー


livedoor プロフィール
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
ランキングに参加しています!
ブログ村ランキング
  • ライブドアブログ