【古民家】離れ玄関の紹介!車寄せの天井から見えてくる施主のこだわりとは?


自宅長屋門(ながやもん)で、
建築設計事務所を営んでいる一級建築士
古民家建築の専門家 與那原浩です。





私が住んでいる妻の実家、今回は、太宰家
の離れ玄関【車寄せ】(くるまよせ)の紹介
です。




20091027kurumayose




太宰家は、下図のように主屋と離れ・
長屋門(ながやもん)で構成されています。



kurumayose
―犬伏武彦著 【民家ロマンチック街道―伊予路】引用―



では、車寄せとはどういう場所を言うので
しょうか。




自動車の乗り降りのために、玄関前に
設けた屋根つきの部分で、昔、 牛車を寄せ
て乗り降りできるように、建物の出入り口に
庇(ひさし)などを張り出して造った建物
部位のことです。



一般的に車寄せのある玄関は格式が高いと
され、現在では旅館・ホテル・官公庁・病院
など、人の出入りが多い施設の入口などに
使われています。




現在の離れは、8代目当主 太宰孫九が、
昭和初期に建てたものと言われています。
孫九は、実業家として、多くの企業の経営を
しながら、衆議院議員として、政界にも進出
していました。




そのため、松山にある別邸と自宅を行来する
生活をしていましたが、自宅にも、事業や
政治の話をするための離れを造ったと言われ
ています。



20091027kurumayose2




車寄せではありますが、格式を重んじ、
天井も格縁天井(ごうぶちてんじょう
なっています。動画でも視聴できますの
で、興味のある方はご覧下さい。










20091027kurumayose3




この天井の格縁(ごうぶち)は、昭和初期
の建築では珍しい銀杏面(銀杏の葉の
形のようにRにシャクられた面)です。
格縁にて格子を作り、その格間(ごうま)
に正方形の板を張ったものです。




格縁と格縁の仕口(しぐち)は、90年近く
たった現在でも、一分の隙もありません。




離れの玄関とはいえ、施主である孫九の
こだわりを感じます。よほど、この離れ
の建築には、熱い思いがあったものと
思われます。離れの部屋にも、随所に
こだわりの箇所がありますが、それはまた
後日説明いたします。




太宰家の離れは、施主のこだわりを受け、
木を知り尽くした職人の技が見事に活か
されています。




施主と造り手の思いがぴったり合致した
家は雰囲気もよく、居心地がいいものです。
私の造る建築もそうあらねばと、この家を
見るにつけ、身の引き締まる思いでいます。




今日も最後まで読んで頂き、ありがとう
ございました。




リフォームや修繕などのご相談や見積もりは
無料ですので、お気軽にご相談下さい。
  



このバナーをクリックして頂くと、事務所
サイトに飛びますので、よろしくお願い
します!
       ↓  ↓  ↓

ブログバナー2



メールでお問い合わせされる方は、こちらへ
   ↓  ↓  ↓
メールフォーマー





【建築ワード説明】
 

庇(ひさし)
外壁に取り付けられた片流れの屋根状の
突出部のこと。玄関扉の上部などに付ける
ことが多い。



仕口 (しぐち)
木材の加工において、2つの材料が取り
合う時、直角につなぐ加工方法の総称。


格縁(ごうぶち)
升目(グリッド)を作っている部材のこと。


格縁天井(ごうぶちてんじょう)
45~90センチ程度の升目に組まれた
デザインの天井のこと。


 

吉田おねり水引幕調査

20160215-吉田町おねり1
宇和島市吉田町吉田公民館大ホールの舞台緞帳。
描かれているのは藩政時代より続く吉田秋祭りおねりの様子。
山車の周囲を覆っている幕を水引幕と呼びます。
宇和島市はこの吉田おねりを国指定の文化財として登録すべく準備を進めているところです。
20160215-吉田町おねり2
その一環として今回は水引幕や人形などの山車周りの品々の調査が行われています。
20160215-吉田町おねり3
山車は八台有り、その内の1台について図面化の作業が予定されています。
20160215-吉田町おねり4
三国志に登場する関羽の人形。
人形自体は新しい物のようです。
調査は一つづつ丁寧に計測し写真データとしても残していきますので大変な作業です。
伝統が継承されていくうえでも、登録認定が望ましいと考えます。

【古民家】土間に広がる三和土の幻想的な美しい薄緑色の空間とは?【動画あり】




自宅長屋門(ながやもん)で、
建築設計事務所を営んでいる一級建築士
古民家建築の専門家 與那原浩です。





私が住んでいる妻の実家、今回は、太宰家
の玄関・土間の紹介です。 動画でも視聴
できますので、興味のある方はご覧下さい。

 

20090702tataki




zumen
―犬伏武彦著 【民家ロマンチック街道―伊予路】引用―




太宰家の玄関戸を引き開けると三和土
(たたき)の土間空間が広がっています。
広さは60㎡(約18坪)あり、標準的な
マンションの大きさ(2LDK)と同じくらい
の空間があります。








苔むした三和土が、逆光で漆黒の闇に浮か
びあがり、幻想的な雰囲気を醸し出して、
美しい薄緑色の空間を作りあげています。




湿気を帯びるのは、家のためには本来よく
ないことです。梁や柱のカビやシロアリの
原因になる恐れもあります。




湿気があがらないようにコンクリートにした
らと忠告して下さる方もいます。
しかし、私達家族は、この美しい薄緑色の
三和土を壊したくないと思っています。




三和土は、風化した花こう岩や安山岩から
できた土に消石灰・苦汁(にがり)・水を
加えて練り、硬化させて作ります。
土・石灰・苦汁の3種類の素材を絡ませて
つくることから、三和土と言うそうです。




この三和土の表面のデコボコは、長い年月
を経て、下駄を履いていたことで窪んだ
凹みと聞いています。長い歴史が生んだ、
この美しい土間を出来る限り後世に残して
いきたいと思っています。




太宰家の土間の上部には、茅葺き
(かやぶき)
の大きな屋根を支える
丸太梁(まるたばり)小屋組(こやぐみ)
が架かっています。




この土間の空間にいると、男衆(おとこし)
女衆(おなごし)が働いていた賑やかな
庄屋時代にタイムスリップした様な錯覚に
陥ることがあります。




先人の様々な知恵が集結した太宰家に、
沖縄生まれの私が来た意味を考えて
しまいます。




私には、日本全国で失われつつある
古民家を一件でも多く残して行く使命が
あるのではないか・・・と。




自分の天命を自覚しつつ、今日もまた仕事
に励んでいこうと強く思いました。




今日も最後まで読んで頂き、ありがとう
ございました。




リフォームや修繕などのご相談や見積もりは
無料ですので、お気軽にご相談下さい。
  



このバナーをクリックして頂くと、事務所
サイトに飛びますので、よろしくお願い
します!
       ↓  ↓  ↓

ブログバナー2



メールでお問い合わせされる方は、こちらへ
   ↓  ↓  ↓
メールフォーマー




【建築ワード説明】


茅葺き(かやぶき)
茅とは屋根を葺く草の総称のことで、茅と
いう植物のことではない。茅の材料には、
すすきの他に葦(ヨシ)やイネ科の多年草
が使われる。


丸太梁(まるたばり)
丸太梁は、建物の外周から内側に向けて
入れる大きな部材のことで、丸太のそりを
利用して梁としたものをいい、天然の
松丸太がよく使われてる。


小屋組み
屋根になる骨組みのこと。


男衆(おとこし)
男性の奉公人・使用人


女衆(おなごし)
女性の奉公人・使用人



休日の朝は手動のアンティークなコーヒーミルで豆を挽く

20160211-コーヒー


私の35年来の習慣です。


20歳の記念に買ったアンティークミルも故障一つせず使い続けています。
このミルで豆を挽いていると、ゴリゴリという優しい音とともに、コーヒー豆の
いい香りが匂ってきて、とても穏やかな気持ちになります。


ドリップで淹れたコーヒーを入れる益子焼のカップ&ソーサーは、結婚した翌年、
栃木県の益子町で購入した一品です。
有名作家のモノではありませんが、土を焼いた素朴な質感が気に入っています。


このコーヒーミルも益子町のカップ&ソーサーも、平日の時間に追われる日常を
忘れさせてくれる癒しの効果があるように思います。
長い年月使用していると、単なるモノではなく、まるで家族の一員のよう。
モノに溢れる生活ではなく、モノを大切に使う習慣を心掛けています。


家も、20年~30年でスクラップアンドビルドするのではなく、先祖が大切に住み
継いできた家を、子孫がリフォームや修復しながら住み続けるということで、
家の中に宿る魂が得もいえぬ雰囲気を醸し出すのかもしれません。


古いものを大切にしていく仕事に関わることができて、建築士として嬉しく思って
います。


今日も最後まで読んで頂きありがとうございました。


 

【古民家】玄関・土間から思いをはせる古きよき時代とは!



自宅長屋門(ながやもん)で、
建築設計事務所を営んでいる
一級建築士
古民家建築の専門家 與那原浩です。




私が住んでいる妻の実家、今回は、太宰家
の【玄関・土間】を紹介します。




 20090812genkan



式台(しきだい)は、元は下駄箱兼用のもの
がありましたが、シロアリの被害を受け朽ち
ていたので、10年前のリフォームの際に
新しく造り変えました。
現在の式台の框(かまち)は、地松の梁材
(りょうざい)
を転用しています。


20090812genkan2



時計を掛けている柱が大黒柱です。
杉の8寸角(240㎜)で大黒柱(だいこく
ばしら)
としては標準的な大きさになります。




太宰家の柱は、そのほとんどが杉材が使わ
れています。「なぜ桧を使わなかったのか」
の答えはまだ思案中です。




大黒柱に掛っている古い時計は、義母が
嫁いできた頃にはすでに掛っていたという
から、すでに50年以上昔のものです。
毎日ねじを巻くと、ちゃんと動いて、
ボンボーンと時報を鳴らしてくれています。


 
20090812genkan3



板の間の材は松材が使われています。
200年以上経っても艶があります。
1800年代の昔から、どれだけの人が
この板を踏んでいるのでしょうか。




暗い玄関の中で、光線の当たり具合に
よって、この板が鏡の様に光ることが
あります。
まさしく鏡板です。



鏡のように輝くまで、
想像するより、
ずっと多くの人々がこの板の上を通って、
座敷にあがっていたのでしょう・・・
玄関や土間で、昔どんなことが行われて
きたのでしょうか。




村の祭りごとや屋根の葺き替えの際には、
大勢の人々が集まってきたということです。




多い時には、何百人もの人々が、土間奥
の釜で煮炊きした食事を食べて、賑やか
に酒をくみかわしてきたのでしょうか。




今は静かな玄関ですが、目をつぶると、
その時の喧騒が浮かんでくるようです。




家を大切に200年以上住み継いできた
太宰家の人々の思いが、来客を迎えて
いるように感じました。




今日も最後まで読んで頂きありがとう
ございました。

 



【建築ワード説明】


式台(しきだい)
玄関の土間と床の段差が大きい場合に設置
される板のこと。


框(かまち)
玄関など家の上がり口の縁に渡した横木の
こと。
 

梁材(りょうざい)
建物の水平短径方向に架けられ、床や屋根
などの荷重を柱に伝える材のこと。


大黒柱(だいこくばしら)
家の中央にある特別に太い柱 
 

木造住宅の耐震化率が遅れている愛媛県において、派遣方式による耐震診断事業が導入!

20160209-耐震診断事業


宇和島市より『「派遣方式による耐震診断事業」に係る名簿登載届出について』の書類が
送られてきました。



平成28年度より、愛媛県内において、住民の負担を軽減できる『派遣方式による耐震診断
事業』を導入します。その事業に参加する為に、公益社団法人愛媛県建築士会へ必要な
届出をして下さい
との案内です。



木造住宅の耐震化率は愛媛県は遅れていると聞いています。
古民家住宅を手掛ける私としては、古民家の耐震化は必ず通らなければならない問題です!



住民意識の中で遅れている耐震化を進めるうえで、必要となる耐震診断にお役に立つことが
出来れば幸いです。


 

白梅Ⅱ

20160208-白梅2



白梅が7分咲き位に開花してきました。
今年は例年に比べ開花自体は早かったの
ですが、その後の寒波襲来でゆっくりとした
開花のペースです。



満開にはもう少し時間がかかりそうですが、
立春も過ぎ日差しを浴びた白梅を見ている
だけで、春の予感に浸ることが出来ます。


 

【古民家】太宰家や長屋門をリフォームした設計事務所の紹介!

dazaike2
太宰家全景(南面から撮影 右端が長屋門で設計事務所)



自宅長屋門(ながやもん)で、
建築設計事務所を営んでいる一級建築士
古民家建築の専門家 與那原浩です。




私が住んでいる太宰家は、主屋(おもや)と
蔵が、江戸後期の文化・文政時代の建築
と言われています。
太宰家6代目の時に、庄屋の株を買って、
この地域の庄屋となりました。




太宰家は妻の実家で、現在の当主は義母、
11代目にあたります。 




太宰家の建築的特徴は、表裏並行に三室
づつ並ぶ藩政時代の典型的な豪農
(ごうのう)
の間取りを持っているという
ことです。部分的には土間に沿って、
役人座(やくにんざ)と呼ばれる記帳する
間、御用場(ごようば)があります。




ここは、年貢などの記帳・年貢検見の役人の
座った場所と言われています。前の間と居間
は一室として寄合(よりあい)の間として
使用され、座敷・控えの間はこの家の表向き
の部屋とされています。




なお、南面の離れは、昭和初期に増築された
ものです。


dazaikezumen (600x491)
―犬伏武彦著 【民家ロマンチック街道―伊予路】引用―




私が、リフォームして事務所として使用して
いるのは、長屋門の中にある男衆部屋
(おとこしべや)にあたります。




男性の使用人の部屋を昔でいう門番みたい
な役割にしていたところが、一石二鳥の
役割を持たせていて、とても感心しています。



160206jimusho
長屋門をリフォームした設計事務所



その部屋を事務所仕様にリフォームして
使っています。家の敷地内にありながら、
居住スペースとはちょっと距離があり、
オンオフが出来る環境です。




また、事務所はちょうどいい広さで、
とても集中して仕事ができ、来客の様子も
すぐ分かるので、大変気に入っています。




今日も最後まで読んで頂き、
ありがとうございました。



【建築ワード説明】


長屋門(ながやもん)
武家屋敷や裕福な農家にもみられた門の
形式で、両側または片側が長屋となって
おり、そこに家臣や下男を住まわせた。


文化・文政時代(ぶんか・ぶんせいじだい)
徳川11代将軍 家斉治下の文化・文政年間
(1804~1830年)を中心とした平穏とした
状態の時代。


豪農(ごうのう)
多くの土地・財産を持ち、その地方で勢力の
ある農家のこと。


寄合(よりあい)
ものごとを協議するために会合すること。


 

建築士が発信する!築200年超の古民家の魅力とは!


dazaike6
太宰家長屋門


160206jimusho
私の設計事務所(長屋門内)



自宅長屋門(ながやもん)で、
建築設計事務所を営んでいる一級建築士
古民家建築の専門家 與那原浩です。




私達家族は、周囲を田園に囲まれた
築200年超の古民家【太宰家】を再生して
暮らしています。太宰家は、妻の実家です。




沖縄県宮古島生まれ、群馬育ちの私には、
古民家での暮らしは、魅力がいっぱいで、
お手本にするような納まりが満載です。




我が家の色々な納まりを見ながら、
古の棟梁(とうりょう)や職人達に思いを
馳せ、伝統建築の魅力をしみじみ感じて
います。




縁側を通して入ってくる風のここちよさ、
夏の日射や雨風から守ってくれる深い軒、
三和土(たたき)の土間に広がる小屋梁
(こやばり)
のダイナミックさ、
繊細な格子(こうし)の建具の美しさ、
土壁の持つぬくもりと調湿機構
(ちょうしつきこう)

黒光りした松の床板など ・・・




先人の造り上げた建築には、自然と共
に共存しながら生活していくための知恵
が溢れています。




現代の住宅において、忘れ去られた
これら日本建築のよさを、私のつくる
建築に遺していきたいと思っています。




これから古民家や太宰家の魅力を発信
していきたいと思いますので、ご愛読頂き
ますよう、よろしくお願い致します。 




【建築ワード説明】


長屋門(ながやもん)
武家屋敷や裕福な農家にもみられた門の
形式で、両側または片側が長屋となって
おり、そこに家臣や下男を住まわせた。


棟梁(とうりょう)
大工の親方・かしら


三和土(たたき)
たたき土と石灰とにがりを混ぜて練ったもの
を土間に塗り、たたき固めた床仕上げ。
たたき土とは花崗岩や安山岩などが風化
した土で、深草土や三州土などが有名。


小屋梁
(こやばり) 
屋根を支える屋根裏の骨組みの最下部に
ある梁のこと。


格子(こうし)
細い角材や竹などを、碁盤の目のように
組み合わせて作った建具で、戸・窓などに
用いる。


調湿機構(ちょうしつきこう) 
空気中の湿度を調整する性質のこと。


 

交付申請

20160204-交付申請
内子町八日市護国地区のK様邸。
文化庁による来年度の補助事業対象に認定される為の交付申請図書を内子町に提出。
まだまだ山はありそうですが、一応前に進んでいます。
『與那原浩建築設計室』    公式サイトへ
ブログバナー


livedoor プロフィール
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
ランキングに参加しています!
ブログ村ランキング
  • ライブドアブログ