デザイン的なこと

【施工実例】自然と思い出に包まれたこだわりの和風モダン住宅


自宅長屋門(ながやもん)で、
建築設計事務所を営んでいる一級建築士
古民家建築の専門家 與那原浩です。



今回は、6年前にこだわりの和風モダン
住宅を建てられ、現在も素敵な暮らしを
されているお施主様の住宅をご紹介します。



yamadatei
「Y様邸」竣工写真



お施主様のY様に初めてお会いしたのは、
6年前の初夏でした。 私の事務所HPを
ご覧になり、お問い合わせ頂いて、訪ねた
のが初対面でした。



Y様に、当時知り合いでもなかった私に
設計依頼をしてきた理由を聞いてみました。



『ピカピカ派手な家が嫌だったから!』
なんと、これは意外でした!一般的に、家
はピカピカ派手なのがウリというのに、日中
でも電球をつけず自然光を取り入れるよう
な家に住みたかったとのこと。



『今の家の思い出が残る家にしたい!』
きっと、既存の家には、小さい頃や家族との
思い出がいっぱい詰まっていたのでしょう!
そういう気持ちを大切にしたいと思いました。



既存の家の建具や柱・階段などを使うという
ことは、案外手間がかかり、ハウスメーカー
だけでなく、一般の工務店も敬遠するような
ことです。



当時、同じ敷地に戦前建てられた家で、
お母様と同居されていました。庭に木や
草花がたくさん植えられていて、四季が感じ
られる優しい雰囲気のお宅だと思いました。



kyuyamadatei

初めての訪問時に撮影した旧Y様邸。



「お会いして初対面で、與那原さんなら、
私の造りたい家を実現して下さる
と、
直感しました!」
とのこと。嬉しいお言葉、
感謝しております。



訪問した時は、Y様はリフォームか新築か
迷っておられましたが、お話を聞かせて頂く
うちに、諸所の事情から私から新築を提案
し、Y様もお母様もその提案を受け入れて
頂きました。



その後、現地調査を経て、基本設計のため
の打ち合わせを5回ほど行い、修正を何度
も行い、実設計図が完成するまで6カ月ほど
かかりました。



私は、打ち合わせ時には、ライフスタイル
・暮らし方・性格・色の好み・ご家族との
関係・嗜好など、様々なことを感じ取り、
図面にあらわしていきます。



Y様とお母様から、細かな設計にはお任せ
頂いていましたが、手間がかかっても、
できるだけご要望に沿った設計を心掛け
ました。



打ち合わせを綿密に行ったおかげで、
初対面から竣工まで1年半ほどかかりました
が、Y様からは想像以上の理想的な住宅に
なったと大変喜んで頂きました。



竣工してから4年半が経ちました。
先日、仕事の関係で近くに行った際に訪ねた
ところ、竣工時と変わらず素敵な暮らしを
続けられていました。


...........................


gotenmachinoie (1)

板塀は既存住宅と同様のものを再現し、
趣きのある外観にしました。

 
gotenmachinoie (2)

玄関から入ってすぐの上がり框は、
固定ガラスにして、庭がよく見えるように。
昔から家にあった衝立がよく合ってます。



gotenmachinoie (3)

チェアが好きなY様。北欧風のじゅうたんが
無垢床とよく合っています。

 
gotenmachinoie (4)

壁は調湿性のある珪藻土の塗り壁。
ナチュラルテイストの優しい自然の色で。

 
gotenmachinoie (5)
 
2階のフリースペースは、Y様のアトリエ。
北欧の布地でブラウス製作中。


gotenmachinoie (6)

西側窓から外を眺めるのが好きとのこと。

 
gotenmachinoie (7)
 
中央は既存住宅からの建具を納戸に使用。
違和感なく収まっています。


gotenmachinoie (8)

本が大好きなY様。書斎机の両サイドは、
上までびっちり本棚にしています。

 
gotenmachinoie (9)

たくさんの本に囲まれ、落ち着く書斎机。
窓から下の風景を眺めるのも楽しい。
 

gotenmachinoie (10)

雨水を受ける手水鉢。既存住宅の庭に
転がっていた石臼を再利用しました。

 
gotenmachinoie (11)

Y様が大切に育てられている植物群。
毎日優しく声をかけています。

 
gotenmachinoie (12)

小さな雑草もY様にとって愛おしいそうです。

 
gotenmachinoie (13)



gotenmachinoie (14)

玄関脇からのアプローチ。
自然な感じがとても素敵です。

 
gotenmachinoie (15)

【ハナイカダ】
葉の中央に虫がとまっているかのような花
を咲かせて、実を付ける面白い植物。

...........................


優しかったお母様は既に他界され、お一人
暮らしをされていましたが、庭の草花や
木々など、家の中からも自然が感じられる
中で、ご家族との思い出に包まれながら、
楽しく生き生きとした生活を送られて
いました。



現在は、仕事も退職され、ライフワークの
洋裁で、個展も開催されるY様。お友達も
居心地がいいので、よく集まられるとの
こと。



また、居室の棚には、たくさんの本が
並んでおり、本に囲まれて幸せそうでした。



庭の草花や木のお世話が大好きで、草花
に愛おしそうに声をかけられていた姿が
印象的でした。 



古民家建築を多く手掛けてきた私ですが、
Y様邸のような和風モダンの家も多く設計
しております。



日本の伝統構法や、格子・建具(引き戸)を
ふんだんに使いながら、自然素材である
無垢材や塗り壁・障子などの和風テイスト
を使い、北欧建築のようなナチュラルで、
温もりの感じられる和風モダンの家
手掛けております。



Y様のお宅へ久しぶりにお伺いして、
あらためて、施主様の言葉にできない家
に対する思いもくみとっていける建築士
でありたいと思いました。



Y様邸は、私の事務所HPでもご紹介して
おります。



リフォームや古民家再生だけでなく、
新築のご相談や最初の見積もりも無料
ですので、お気軽にご相談下さい。
  


このバナーをクリックして頂くと、事務所
HPに飛びます。よろしくお願いします!
       ↓  ↓  ↓

ブログバナー2



メールでお問い合わせされる方は、こちらへ
   ↓  ↓  ↓
メールフォーマー



今日も最後まで読んで頂きありがとうございました。



【建築ワード説明】


和風モダン
日本の伝統構法や建築技術、自然素材・
和テイストの建具・家具を取りいれた
デザインでありながら、シンプルスタイルが
融合されている手法。


北欧建築
北欧建築は、自然素材の無垢板をふんだん
に用い、全体のトーンは淡く、機能的で飽き
のこないシンプルデザインが特徴。反面、
ファブリックは大胆で明るめ。寒く長い冬を
室内で過ごすため、自然と共生している
ような心地よく安心感を感じる建築が特徴。

抽斗(ひきだし)

20151127-抽斗1
杉の柾目材で作られた小物入れ。
少し李朝の家具を連想させ気に入っています。
20151127-抽斗2
中でもこの角ばった取っ手がいいですね。
握った感覚で鉄という素材を実感させてくれます。
木・鉄という素材を生かすデザイン力をこの抽斗から学んでいます。

スキルアップセミナー

20140902-スキルアップ

インテリア産業協会よりスキルアップセミナーの案内が届きました。
参加したい講座もありますが、時間との戦いに勝利しなければなりません。


日田下駄がかっこいい!


 今夜、NHKBSプレミアムのイッピンという番組を見ていたら、大分県日田市の伝統工法である
 日田下駄が紹介されていました。


 『おしゃれな下駄(げた)が夏のファッションアイテムとして、女性に人気。今、華やかに装飾された
  ファッショナブルな下駄が次々と作られている。発信しているのは大分県日田市。
  杉の産地として知られ木工の盛んな町の若い職人がデザインするスカートやジーンズにも合う下駄
  とは?他のジャンルのプロフェッショナルを巻き込んで生まれた斬新なデザインとは?』

hitageta1


う~ん(°д°) 従来の下駄のイメージを大きく覆す斬新なデザインに脱帽!!
特に、履くと、とっても気持ちのよさそうな室内履きと、ヒールが高いサンダルのような下駄には、
驚いた!!買ってみたい!素直に思いました(*^_^*)

コチラ、番組内で紹介されていた下駄屋さん→本野はきもの工業
  

by イサタケ2
『與那原浩建築設計室』    公式サイトへ
ブログバナー


livedoor プロフィール
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
ランキングに参加しています!
ブログ村ランキング
  • ライブドアブログ