リフォーム

中古物件購入の立ち会いからリフォーム工事の相談までお任せ下さい!

 
自宅長屋門(ながやもん)で、
建築設計事務所を営んでいる一級建築士
古民家建築の専門家 與那原浩です。




古民家建築の専門家の私ですが、中古
物件下見の立会い依頼がありましたら、
耐震・物件の老朽化・雨漏り・外壁の劣化・
地盤・周りの環境についての状況確認も
行っています。




お客様が中古物件を購入するか否かの段階
になり、ご要望がありましたら、補助金対象
の耐震診断もしております。




補助金申請などの書類作成は、弊社の方で
行いますので、お客様のお手を煩わせること
はありません。




診断を経て、耐震補強工事を行ったり、あわ
せてリフォーム工事を行う場合も、弊社で
施工を行い、
銀行での住宅ローン借入申請
用図面の作成も行います。




お客様は、窓口一つで、中古物件の購入から
耐震・リフォーム工事までお任せできます!
(不動産売買については別業者です)




下記の中古物件を購入予定のお客様からは、
窓口一つでお任せできるから安心で楽チン!
と大変喜んで頂きました!





ainannoie (7)
現在空家の中古物件。



ainannoie (2)
セパレートキッチンはかなり老朽化して
いるため、新規交換するか検討中。



ainannoie (3)
不要な垂壁・壁・押し入れ・床の間を
撤去予定。



ainannoie (4)
浴室は設備的には十分使える。



ainannoie (6)
2階の居室は壁紙などの張替のみ。



ainannoie (5)
こちらの居室もほぼ使える状態。



ainannoie (8)
大きな倉庫もついての中古物件。広い
駐車場もついているので、好条件の
物件と言える。



=============


中古物件は土地つきで購入する場合、
売買代金も高額となり、住宅の耐震状況
・老朽化・瑕疵の有無・地盤状況など、
検討する場合に専門業者が立ち会うと
かなり安心できます。




建築のことは、不動産業者だけでなく、
木造耐震診断士・危険度判定士の資格
を持っている私
にお気軽にご相談下さい。




このバナーをクリックして頂くと、事務所
サイトに飛びますので、よろしくお願い
します!
       ↓  ↓  ↓

ブログバナー2



メールでお問い合わせされる方は、こちらへ
   ↓  ↓  ↓
メールフォーマー



【古民家リフォーム】古民家に住みたい人必見!意外と知らない古民家建築の種類と特徴とは?③


一級建築士 與那原浩(よなはらひろし)の
妻 與那原慶子(よなはらけいこ)と申しま
す。主人が自宅で、建築設計事務所を営ん
でいます。




先日、古民家建築についての種類と特徴
について告知しましたが、今回はその3回目
古民家リフォームです。
1回目 古民家再生
2回目 古民家リノベーション




=================


【リフォーム】

リフォームは、老朽化した建物を悪い状態
から改良することを言い、マンションや
アパートの場合は、退去後の原状回復を
意味します。

マイナスの状態から、機能を元の状態に
回復させることが多く、外装の塗り直しや
壁紙の張り替え、水周り設備の変更など
を言います。


=================



古民家リフォームでは、屋根や外壁の雨
漏りの修復、外壁塗装、段差解消、手すりの
増築、建具の修繕、トイレの改修など、通常
の中古物件リフォームと変わりません。




古民家は木造が大半なので、雨漏りで材が
濡れてしまうと、腐ったり、カビが生えた
り、白アリ被害を受けやくなります。




tenjo
雨漏りした天井
出典:http://nichijuko.info/14/



また、長い年月、風雪に耐えた屋根は、経年
劣化が激しくなっていることが予想されます
ので、屋根が傷んで、雨漏りがご心配な場合
は、深刻な影響が出る前に、早め早めの
対処が必要です。



yanerekka
屋根の経年劣化
出典:http://maxreform.jp/studyblog/1511061640.html




日本の伝統工法と言われる和風建築では、
屋根を谷に納める工法が多いので、銅板
の経年劣化による雨漏り被害が多いです。




 屋根谷
屋根谷部分の経年劣化による雨漏り
出典:http://sato.cms-lite.net/blog/2012/06/post-90.html




地震による外壁のクラック・塗壁のはがれ
なども、雨水が浸食し、家の耐久性に
問題が出てくるので、見かけたら早めの
対応が必要です。



crack
地震や地盤沈下による外壁のクラック
出展:http://stc-santec.co.jp/service/tosou.html



gaiheki2
塗壁のはがれ
出展:http://www.t-sakan.com/2015-11-30arimatu/



gaiheki1
石垣壁のはがれ





リフォームや修繕などのご相談や見積もり
は無料ですので、お気軽にご相談下さい。
  



このバナーをクリックして頂くと、事務所
サイトに飛びますので、よろしくお願い
します!
       ↓  ↓  ↓

ブログバナー2



メールでお問い合わせされる方は、こちらへ
   ↓  ↓  ↓
メールフォーマー




今日も最後まで読んで頂き、ありがとう
ございました。

【リフォーム】住宅リフォーム補助金制度を使って、家の中を使い勝手よくしませんか?


自宅長屋門(ながやもん)で、 
建築設計事務所を営んでいる一級建築士
古民家建築の専門家 與那原浩です。 



自宅所有の家でも、長い間住んでいると、
水周りの設備が老朽化してきたり、高齢化
に伴い、家のあちらこちらで不具合を感じる
ことが出てきます。



そんな時は、我慢しないで、ぜひ家の機能
を向上させるリフォームをしませんか!



特に、キッチンについては、毎日使う場所
なので、不具合が出てくると、使いづらく
なります!早めに解消したいですよね。



ただ、そうは言っても悩ましいのが、工事
費用です・・・でも、そんな時に背中を押し
てくれる耳よりの情報があります!



それは、行政からの補助金です。自宅を
リフォームする場合に助成してもらえます。




宇和島市住宅リフォーム補助事業(平成28年分)


【目的】

この補助金は、住宅の増改築やリフォーム工事を行う者に対し、予算の範囲内において補助することにより、住環境整備の推進とともに、地域経済の活性化及び雇用の安定に貢献し中小企業者の振興に役立つことを目的とします。

 

【補助対象者】

(1)市内に在住し、持ち家住宅(親または子の住宅を含む)のリフォーム等工事を行う者。

 ※持ち家住宅…自己所有の住宅であって、自己居住に供するもの

(2)納期の到来した市税等を完納している者。

(3)補助を受けようとするリフォームが、他の補助制度と重複して受けていない者。

(4)公共工事の施行に伴う補償費の対象となる工事費用を受けていない者。

 

【補助対象住宅】

(1)市内に存在する住宅。

(2)所有者がリフォームを承諾している住宅。

(3)建築後5年以上経過した住宅。

(4)集合住宅においては、申請者の居住の用に供する専有部分。

(5)併用住宅においては、居住の用に供する部分。

 

【補助対象工事】

(1)市内の建築業者等が補助対象工事の主たる施工業者であること。

(2)補助対象工事に要する経費(消費税及び地方消費税を含む)が30万円以上であること。

 

【補助率】

工事にかかった費用の10限度額20万円
 


宇和島市ホームページより引用




私達が住んでいる愛媛県宇和島市では、
上記のような住宅リフォーム補助金制度
がありますので、この制度を利用して、
ご自宅をリフォームされた事例があり
ます。



ご紹介する工事内容は、以下の3カ所
です。

①システムキッチン新設工事
②階段手すり設置工事
③玄関踏み板設置工事 

約3日間の施工期間でした。

 
 
上記工事にかかった費用の10%が申請
によって助成されました!工事費用額も
大きいので、このような制度は、とても
助かりますよね!



リフォーム補助金(2)
【システムキッチン新設後】
  IHクッキングヒーター・昇降棚・天板が
  人工大理石になりました。


リフォーム補助金(1)
【改修前:老朽化により新設】
  設備が老朽化し、料理しづらかった台所。
  吊戸棚が高く、出し入れができなかった
  そうです。


リフォーム補助金 (8)
【玄関踏み板増設後】
  玄関上がり框のスペースを増設すること
  で、階段が昇りやすくなりました。


リフォーム補助金 (7)
【玄関先改修前】
  玄関が狭く、階段へ昇るスペースがない
  ので、昇りにくさを感じていたそうです。


リフォーム補助金 (4)
【階段に手すり設置後】
  手すりが設置され、安心して昇り降りでき
  るようになりました。
 

リフォーム補助金(3)
【階段手すり設置前】
  急な階段なので、手すりがなく、非常に
  危険な状態です。


リフォーム補助金 (6)
【階段脇縦手すり設置】
  玄関先から縦手すりを使って、上がり
  やすくなりました。



お客様から、以下の通り大変喜んで頂き
ました!


●手すりが設置され、階段の昇り降りが楽
  になりました!今まで、危ないので、はう
  ようにして昇降していました。
●キッチンが新しくなり、気持ちが晴れ晴れ
  して、料理するのが楽しくなりました。



思い切ってリフォームして、本当によかった
と言って頂きました!



あなたも、現在の住宅に不具合を生じまし
たら、最初の見積もりは無料ですので、
どうぞお気軽にご相談下さい。
  


このバナーをクリックして頂くと、事務所
HPに飛びます。よろしくお願いします!
       ↓  ↓  ↓

ブログバナー2



メールでお問い合わせされる方は、こちらへ

   ↓  ↓  ↓
メールフォーマー



今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。



【リフォーム】設計する時、参考にしたい本!《建築知識3月号》 その内容とは!?

20160227-建築知識


建築知識3月号の特集は、


『本当は秘密にしたい 
リフォームのベストレシピ125+DVDビデオ』




戸建住宅とマンションのリフォームについて、
Q&A形式で構成されています。



法的な問題から収納テクニックなど、なるほど!と
思わせるような・・・



設計者のかゆいところに手が届くほどの
内容が書かれています!



リフォームのご相談をお客様から頂いて、
一番多いのは、リフォームか建て替えか、
どちらにしたら良いかという事です。



その答えは、一概には言えません。



予算や工期の条件で、
なるべく安価で早期に工事を済ませたいと
考えていても・・・



耐久性や耐震性などの問題がある場合は、
工事費や工期など予想以上に費用がかさむ場合が
あります。



また、建築基準法の規制により、
建て替えが難しい場合もあります。



お客様のご要望を質問リストでお聞きし、
現地を確認したうえで、リフォームか建て替えかを
ご提案するようにしています。




【古民家】太宰家や長屋門をリフォームした設計事務所の紹介!

dazaike2
太宰家全景(南面から撮影 右端が長屋門で設計事務所)



自宅長屋門(ながやもん)で、
建築設計事務所を営んでいる一級建築士
古民家建築の専門家 與那原浩です。




私が住んでいる太宰家は、主屋(おもや)と
蔵が、江戸後期の文化・文政時代の建築
と言われています。
太宰家6代目の時に、庄屋の株を買って、
この地域の庄屋となりました。




太宰家は妻の実家で、現在の当主は義母、
11代目にあたります。 




太宰家の建築的特徴は、表裏並行に三室
づつ並ぶ藩政時代の典型的な豪農
(ごうのう)
の間取りを持っているという
ことです。部分的には土間に沿って、
役人座(やくにんざ)と呼ばれる記帳する
間、御用場(ごようば)があります。




ここは、年貢などの記帳・年貢検見の役人の
座った場所と言われています。前の間と居間
は一室として寄合(よりあい)の間として
使用され、座敷・控えの間はこの家の表向き
の部屋とされています。




なお、南面の離れは、昭和初期に増築された
ものです。


dazaikezumen (600x491)
―犬伏武彦著 【民家ロマンチック街道―伊予路】引用―




私が、リフォームして事務所として使用して
いるのは、長屋門の中にある男衆部屋
(おとこしべや)にあたります。




男性の使用人の部屋を昔でいう門番みたい
な役割にしていたところが、一石二鳥の
役割を持たせていて、とても感心しています。



160206jimusho
長屋門をリフォームした設計事務所



その部屋を事務所仕様にリフォームして
使っています。家の敷地内にありながら、
居住スペースとはちょっと距離があり、
オンオフが出来る環境です。




また、事務所はちょうどいい広さで、
とても集中して仕事ができ、来客の様子も
すぐ分かるので、大変気に入っています。




今日も最後まで読んで頂き、
ありがとうございました。



【建築ワード説明】


長屋門(ながやもん)
武家屋敷や裕福な農家にもみられた門の
形式で、両側または片側が長屋となって
おり、そこに家臣や下男を住まわせた。


文化・文政時代(ぶんか・ぶんせいじだい)
徳川11代将軍 家斉治下の文化・文政年間
(1804~1830年)を中心とした平穏とした
状態の時代。


豪農(ごうのう)
多くの土地・財産を持ち、その地方で勢力の
ある農家のこと。


寄合(よりあい)
ものごとを協議するために会合すること。


 

現地調査

20141221-調査
リフォーム案件の現地調査。
宇和島市内でも自然が身近にあります。

リフォーム相談

20140907-リフォーム

リフォームのご相談を受け、お客様に相談シートを記入していただきました。

以前から、お客様のお父様が弊社のホームページやブログをよく見て頂いていたとのこと。

今度、現地確認をさせてもらう運びとなりました。感謝致します。


『與那原浩建築設計室』    公式サイトへ
ブログバナー


livedoor プロフィール
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
ランキングに参加しています!
ブログ村ランキング
  • ライブドアブログ