住宅

【リフォーム】住宅リフォーム補助金制度を使って、家の中を使い勝手よくしませんか?


自宅長屋門(ながやもん)で、 
建築設計事務所を営んでいる一級建築士
古民家建築の専門家 與那原浩です。 



自宅所有の家でも、長い間住んでいると、
水周りの設備が老朽化してきたり、高齢化
に伴い、家のあちらこちらで不具合を感じる
ことが出てきます。



そんな時は、我慢しないで、ぜひ家の機能
を向上させるリフォームをしませんか!



特に、キッチンについては、毎日使う場所
なので、不具合が出てくると、使いづらく
なります!早めに解消したいですよね。



ただ、そうは言っても悩ましいのが、工事
費用です・・・でも、そんな時に背中を押し
てくれる耳よりの情報があります!



それは、行政からの補助金です。自宅を
リフォームする場合に助成してもらえます。




宇和島市住宅リフォーム補助事業(平成28年分)


【目的】

この補助金は、住宅の増改築やリフォーム工事を行う者に対し、予算の範囲内において補助することにより、住環境整備の推進とともに、地域経済の活性化及び雇用の安定に貢献し中小企業者の振興に役立つことを目的とします。

 

【補助対象者】

(1)市内に在住し、持ち家住宅(親または子の住宅を含む)のリフォーム等工事を行う者。

 ※持ち家住宅…自己所有の住宅であって、自己居住に供するもの

(2)納期の到来した市税等を完納している者。

(3)補助を受けようとするリフォームが、他の補助制度と重複して受けていない者。

(4)公共工事の施行に伴う補償費の対象となる工事費用を受けていない者。

 

【補助対象住宅】

(1)市内に存在する住宅。

(2)所有者がリフォームを承諾している住宅。

(3)建築後5年以上経過した住宅。

(4)集合住宅においては、申請者の居住の用に供する専有部分。

(5)併用住宅においては、居住の用に供する部分。

 

【補助対象工事】

(1)市内の建築業者等が補助対象工事の主たる施工業者であること。

(2)補助対象工事に要する経費(消費税及び地方消費税を含む)が30万円以上であること。

 

【補助率】

工事にかかった費用の10限度額20万円
 


宇和島市ホームページより引用




私達が住んでいる愛媛県宇和島市では、
上記のような住宅リフォーム補助金制度
がありますので、この制度を利用して、
ご自宅をリフォームされた事例があり
ます。



ご紹介する工事内容は、以下の3カ所
です。

①システムキッチン新設工事
②階段手すり設置工事
③玄関踏み板設置工事 

約3日間の施工期間でした。

 
 
上記工事にかかった費用の10%が申請
によって助成されました!工事費用額も
大きいので、このような制度は、とても
助かりますよね!



リフォーム補助金(2)
【システムキッチン新設後】
  IHクッキングヒーター・昇降棚・天板が
  人工大理石になりました。


リフォーム補助金(1)
【改修前:老朽化により新設】
  設備が老朽化し、料理しづらかった台所。
  吊戸棚が高く、出し入れができなかった
  そうです。


リフォーム補助金 (8)
【玄関踏み板増設後】
  玄関上がり框のスペースを増設すること
  で、階段が昇りやすくなりました。


リフォーム補助金 (7)
【玄関先改修前】
  玄関が狭く、階段へ昇るスペースがない
  ので、昇りにくさを感じていたそうです。


リフォーム補助金 (4)
【階段に手すり設置後】
  手すりが設置され、安心して昇り降りでき
  るようになりました。
 

リフォーム補助金(3)
【階段手すり設置前】
  急な階段なので、手すりがなく、非常に
  危険な状態です。


リフォーム補助金 (6)
【階段脇縦手すり設置】
  玄関先から縦手すりを使って、上がり
  やすくなりました。



お客様から、以下の通り大変喜んで頂き
ました!


●手すりが設置され、階段の昇り降りが楽
  になりました!今まで、危ないので、はう
  ようにして昇降していました。
●キッチンが新しくなり、気持ちが晴れ晴れ
  して、料理するのが楽しくなりました。



思い切ってリフォームして、本当によかった
と言って頂きました!



あなたも、現在の住宅に不具合を生じまし
たら、最初の見積もりは無料ですので、
どうぞお気軽にご相談下さい。
  


このバナーをクリックして頂くと、事務所
HPに飛びます。よろしくお願いします!
       ↓  ↓  ↓

ブログバナー2



メールでお問い合わせされる方は、こちらへ

   ↓  ↓  ↓
メールフォーマー



今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。



私の設計した自然エネルギー住宅(宇和島市Y様邸)が、全国版の業界紙に掲載されました!

電化住宅業界本1 (2)



自宅長屋門(ながやもん)で、
建築設計事務所を営んでいる一級建築士
古民家建築の専門家 與那原浩です。




四国電力宇和島支店様から推薦を頂き、
私の設計した住宅(宇和島市Y様邸)が、
全国版の業界紙【電化住宅のための計画
・設計マニュアル2016】
に掲載されました!



電化住宅業界本1 (1)



私の設計する自然素材を使った住宅は、
日照・通気をできるだけ取り込んだ自然
エネルギーとオール電化を活用しています。




Y様邸は、昼間でも照明をつけなくても採光
できており、夏でも通気がよく、エアコンも
不要だそうです。自然エネルギーがよく活用
されていることが証明されています。




私の設計する住宅や古民家建築では、
オール電化との相性もいいので、四国電力
様とは、ずっとおつきあいさせて頂いて
おります。




日本工業出版様発行のこちらの本は、建築
関係の業界紙として大変有名で、私も設計
の参考に、よく購入させて頂いております。




全国版の業界紙で掲載されたということは、
とても名誉なことで、四国電力宇和島支店の
ご担当者の方には、大変感謝申し上げます。




こちらに掲載された宇和島市Y様邸は、
このブログでも以前紹介させて頂きました。




【電化住宅のための計画・設計マニュアル
2016】は、
1冊3800円+税、書店で購入
できますので、ぜひ手に取って見て下さい。




今日も最後まで読んで頂きありがとう
ございました。




リフォームや古民家再生だけでなく、
新築のご相談や最初の見積もりも無料
ですので、お気軽にご相談下さい。
  


このバナーをクリックして頂くと、事務所
HPに飛びます。よろしくお願いします!
       ↓  ↓  ↓

ブログバナー2



メールでお問い合わせされる方は、こちらへ
   ↓  ↓  ↓
メールフォーマー



【住宅補助金】かなりの補助金が助成されるネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業とは?

ZEHセミナー (1)



昨日、高松市で開催された
【ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援
事業】
の補助金説明会に行ってきました!



ZEHセミナー (2)




この補助金は、正式名が、
『住宅・ビルの革新的省エネルギー技術
導入促進事業費補助金 』
という長くて
分かりにくい名称ですが、分かりやすく
言いますと・・・




新築住宅の建築主
新築建売住宅の購入者
既築住宅の所有者 


に対して、



常時居住宅、かつ専用住宅で、



一定の要件を満たす
外皮(外側部分)
省エネルギー設備を備えた住宅を、



認定を受けたビルダーが建築した
場合に、



1戸あたり、
な・な・なんと・・・



125万円の補助が出る!という
素晴らしい補助金制度なのです!



国は、2014年4月閣議決定において、

『住宅については、2020年までに標準的
な新築住宅で、2030年までに新築住宅の
平均で、住宅の年間の一次エネルギー
消費量が正味(ネット)で、ゼロになる
ことの実現を目指す』





とする政策目標を設定したことで、
ネット・ゼロ・エネルギー住宅のことを
ZEH(ゼッチ)ネルギーウス)
と呼び、支援していくことになりました!



会場には、建築業界の担当者が大勢
参加し、この素晴らしい補助金について、
みなさん真剣に聞き入っていました!



弊社も、この補助金を活用した住宅建築
をするため、ZEHビルダー認定申請
行う予定です。



これから、新築住宅を建てようとして
いる方は必見の新しい補助金です♡



この補助金について、興味のある方は
お気軽にお問い合わせ下さい。




このバナーをクリックして頂くと、事務所
HPに飛びます。よろしくお願いします!
       ↓  ↓  ↓

ブログバナー2



メールでお問い合わせされる方は、こちらへ
   ↓  ↓  ↓
メールフォーマー



今日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

【施工実例】自然と思い出に包まれたこだわりの和風モダン住宅


自宅長屋門(ながやもん)で、
建築設計事務所を営んでいる一級建築士
古民家建築の専門家 與那原浩です。



今回は、6年前にこだわりの和風モダン
住宅を建てられ、現在も素敵な暮らしを
されているお施主様の住宅をご紹介します。



yamadatei
「Y様邸」竣工写真



お施主様のY様に初めてお会いしたのは、
6年前の初夏でした。 私の事務所HPを
ご覧になり、お問い合わせ頂いて、訪ねた
のが初対面でした。



Y様に、当時知り合いでもなかった私に
設計依頼をしてきた理由を聞いてみました。



『ピカピカ派手な家が嫌だったから!』
なんと、これは意外でした!一般的に、家
はピカピカ派手なのがウリというのに、日中
でも電球をつけず自然光を取り入れるよう
な家に住みたかったとのこと。



『今の家の思い出が残る家にしたい!』
きっと、既存の家には、小さい頃や家族との
思い出がいっぱい詰まっていたのでしょう!
そういう気持ちを大切にしたいと思いました。



既存の家の建具や柱・階段などを使うという
ことは、案外手間がかかり、ハウスメーカー
だけでなく、一般の工務店も敬遠するような
ことです。



当時、同じ敷地に戦前建てられた家で、
お母様と同居されていました。庭に木や
草花がたくさん植えられていて、四季が感じ
られる優しい雰囲気のお宅だと思いました。



kyuyamadatei

初めての訪問時に撮影した旧Y様邸。



「お会いして初対面で、與那原さんなら、
私の造りたい家を実現して下さる
と、
直感しました!」
とのこと。嬉しいお言葉、
感謝しております。



訪問した時は、Y様はリフォームか新築か
迷っておられましたが、お話を聞かせて頂く
うちに、諸所の事情から私から新築を提案
し、Y様もお母様もその提案を受け入れて
頂きました。



その後、現地調査を経て、基本設計のため
の打ち合わせを5回ほど行い、修正を何度
も行い、実設計図が完成するまで6カ月ほど
かかりました。



私は、打ち合わせ時には、ライフスタイル
・暮らし方・性格・色の好み・ご家族との
関係・嗜好など、様々なことを感じ取り、
図面にあらわしていきます。



Y様とお母様から、細かな設計にはお任せ
頂いていましたが、手間がかかっても、
できるだけご要望に沿った設計を心掛け
ました。



打ち合わせを綿密に行ったおかげで、
初対面から竣工まで1年半ほどかかりました
が、Y様からは想像以上の理想的な住宅に
なったと大変喜んで頂きました。



竣工してから4年半が経ちました。
先日、仕事の関係で近くに行った際に訪ねた
ところ、竣工時と変わらず素敵な暮らしを
続けられていました。


...........................


gotenmachinoie (1)

板塀は既存住宅と同様のものを再現し、
趣きのある外観にしました。

 
gotenmachinoie (2)

玄関から入ってすぐの上がり框は、
固定ガラスにして、庭がよく見えるように。
昔から家にあった衝立がよく合ってます。



gotenmachinoie (3)

チェアが好きなY様。北欧風のじゅうたんが
無垢床とよく合っています。

 
gotenmachinoie (4)

壁は調湿性のある珪藻土の塗り壁。
ナチュラルテイストの優しい自然の色で。

 
gotenmachinoie (5)
 
2階のフリースペースは、Y様のアトリエ。
北欧の布地でブラウス製作中。


gotenmachinoie (6)

西側窓から外を眺めるのが好きとのこと。

 
gotenmachinoie (7)
 
中央は既存住宅からの建具を納戸に使用。
違和感なく収まっています。


gotenmachinoie (8)

本が大好きなY様。書斎机の両サイドは、
上までびっちり本棚にしています。

 
gotenmachinoie (9)

たくさんの本に囲まれ、落ち着く書斎机。
窓から下の風景を眺めるのも楽しい。
 

gotenmachinoie (10)

雨水を受ける手水鉢。既存住宅の庭に
転がっていた石臼を再利用しました。

 
gotenmachinoie (11)

Y様が大切に育てられている植物群。
毎日優しく声をかけています。

 
gotenmachinoie (12)

小さな雑草もY様にとって愛おしいそうです。

 
gotenmachinoie (13)



gotenmachinoie (14)

玄関脇からのアプローチ。
自然な感じがとても素敵です。

 
gotenmachinoie (15)

【ハナイカダ】
葉の中央に虫がとまっているかのような花
を咲かせて、実を付ける面白い植物。

...........................


優しかったお母様は既に他界され、お一人
暮らしをされていましたが、庭の草花や
木々など、家の中からも自然が感じられる
中で、ご家族との思い出に包まれながら、
楽しく生き生きとした生活を送られて
いました。



現在は、仕事も退職され、ライフワークの
洋裁で、個展も開催されるY様。お友達も
居心地がいいので、よく集まられるとの
こと。



また、居室の棚には、たくさんの本が
並んでおり、本に囲まれて幸せそうでした。



庭の草花や木のお世話が大好きで、草花
に愛おしそうに声をかけられていた姿が
印象的でした。 



古民家建築を多く手掛けてきた私ですが、
Y様邸のような和風モダンの家も多く設計
しております。



日本の伝統構法や、格子・建具(引き戸)を
ふんだんに使いながら、自然素材である
無垢材や塗り壁・障子などの和風テイスト
を使い、北欧建築のようなナチュラルで、
温もりの感じられる和風モダンの家
手掛けております。



Y様のお宅へ久しぶりにお伺いして、
あらためて、施主様の言葉にできない家
に対する思いもくみとっていける建築士
でありたいと思いました。



Y様邸は、私の事務所HPでもご紹介して
おります。



リフォームや古民家再生だけでなく、
新築のご相談や最初の見積もりも無料
ですので、お気軽にご相談下さい。
  


このバナーをクリックして頂くと、事務所
HPに飛びます。よろしくお願いします!
       ↓  ↓  ↓

ブログバナー2



メールでお問い合わせされる方は、こちらへ
   ↓  ↓  ↓
メールフォーマー



今日も最後まで読んで頂きありがとうございました。



【建築ワード説明】


和風モダン
日本の伝統構法や建築技術、自然素材・
和テイストの建具・家具を取りいれた
デザインでありながら、シンプルスタイルが
融合されている手法。


北欧建築
北欧建築は、自然素材の無垢板をふんだん
に用い、全体のトーンは淡く、機能的で飽き
のこないシンプルデザインが特徴。反面、
ファブリックは大胆で明るめ。寒く長い冬を
室内で過ごすため、自然と共生している
ような心地よく安心感を感じる建築が特徴。

『與那原浩建築設計室』    公式サイトへ
ブログバナー


livedoor プロフィール
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
ランキングに参加しています!
ブログ村ランキング
  • ライブドアブログ