土間

【古民家】土間に広がる三和土の幻想的な美しい薄緑色の空間とは?【動画あり】




自宅長屋門(ながやもん)で、
建築設計事務所を営んでいる一級建築士
古民家建築の専門家 與那原浩です。





私が住んでいる妻の実家、今回は、太宰家
の玄関・土間の紹介です。 動画でも視聴
できますので、興味のある方はご覧下さい。

 

20090702tataki




zumen
―犬伏武彦著 【民家ロマンチック街道―伊予路】引用―




太宰家の玄関戸を引き開けると三和土
(たたき)の土間空間が広がっています。
広さは60㎡(約18坪)あり、標準的な
マンションの大きさ(2LDK)と同じくらい
の空間があります。








苔むした三和土が、逆光で漆黒の闇に浮か
びあがり、幻想的な雰囲気を醸し出して、
美しい薄緑色の空間を作りあげています。




湿気を帯びるのは、家のためには本来よく
ないことです。梁や柱のカビやシロアリの
原因になる恐れもあります。




湿気があがらないようにコンクリートにした
らと忠告して下さる方もいます。
しかし、私達家族は、この美しい薄緑色の
三和土を壊したくないと思っています。




三和土は、風化した花こう岩や安山岩から
できた土に消石灰・苦汁(にがり)・水を
加えて練り、硬化させて作ります。
土・石灰・苦汁の3種類の素材を絡ませて
つくることから、三和土と言うそうです。




この三和土の表面のデコボコは、長い年月
を経て、下駄を履いていたことで窪んだ
凹みと聞いています。長い歴史が生んだ、
この美しい土間を出来る限り後世に残して
いきたいと思っています。




太宰家の土間の上部には、茅葺き
(かやぶき)
の大きな屋根を支える
丸太梁(まるたばり)小屋組(こやぐみ)
が架かっています。




この土間の空間にいると、男衆(おとこし)
女衆(おなごし)が働いていた賑やかな
庄屋時代にタイムスリップした様な錯覚に
陥ることがあります。




先人の様々な知恵が集結した太宰家に、
沖縄生まれの私が来た意味を考えて
しまいます。




私には、日本全国で失われつつある
古民家を一件でも多く残して行く使命が
あるのではないか・・・と。




自分の天命を自覚しつつ、今日もまた仕事
に励んでいこうと強く思いました。




今日も最後まで読んで頂き、ありがとう
ございました。




リフォームや修繕などのご相談や見積もりは
無料ですので、お気軽にご相談下さい。
  



このバナーをクリックして頂くと、事務所
サイトに飛びますので、よろしくお願い
します!
       ↓  ↓  ↓

ブログバナー2



メールでお問い合わせされる方は、こちらへ
   ↓  ↓  ↓
メールフォーマー




【建築ワード説明】


茅葺き(かやぶき)
茅とは屋根を葺く草の総称のことで、茅と
いう植物のことではない。茅の材料には、
すすきの他に葦(ヨシ)やイネ科の多年草
が使われる。


丸太梁(まるたばり)
丸太梁は、建物の外周から内側に向けて
入れる大きな部材のことで、丸太のそりを
利用して梁としたものをいい、天然の
松丸太がよく使われてる。


小屋組み
屋根になる骨組みのこと。


男衆(おとこし)
男性の奉公人・使用人


女衆(おなごし)
女性の奉公人・使用人



【古民家】玄関・土間から思いをはせる古きよき時代とは!



自宅長屋門(ながやもん)で、
建築設計事務所を営んでいる
一級建築士
古民家建築の専門家 與那原浩です。




私が住んでいる妻の実家、今回は、太宰家
の【玄関・土間】を紹介します。




 20090812genkan



式台(しきだい)は、元は下駄箱兼用のもの
がありましたが、シロアリの被害を受け朽ち
ていたので、10年前のリフォームの際に
新しく造り変えました。
現在の式台の框(かまち)は、地松の梁材
(りょうざい)
を転用しています。


20090812genkan2



時計を掛けている柱が大黒柱です。
杉の8寸角(240㎜)で大黒柱(だいこく
ばしら)
としては標準的な大きさになります。




太宰家の柱は、そのほとんどが杉材が使わ
れています。「なぜ桧を使わなかったのか」
の答えはまだ思案中です。




大黒柱に掛っている古い時計は、義母が
嫁いできた頃にはすでに掛っていたという
から、すでに50年以上昔のものです。
毎日ねじを巻くと、ちゃんと動いて、
ボンボーンと時報を鳴らしてくれています。


 
20090812genkan3



板の間の材は松材が使われています。
200年以上経っても艶があります。
1800年代の昔から、どれだけの人が
この板を踏んでいるのでしょうか。




暗い玄関の中で、光線の当たり具合に
よって、この板が鏡の様に光ることが
あります。
まさしく鏡板です。



鏡のように輝くまで、
想像するより、
ずっと多くの人々がこの板の上を通って、
座敷にあがっていたのでしょう・・・
玄関や土間で、昔どんなことが行われて
きたのでしょうか。




村の祭りごとや屋根の葺き替えの際には、
大勢の人々が集まってきたということです。




多い時には、何百人もの人々が、土間奥
の釜で煮炊きした食事を食べて、賑やか
に酒をくみかわしてきたのでしょうか。




今は静かな玄関ですが、目をつぶると、
その時の喧騒が浮かんでくるようです。




家を大切に200年以上住み継いできた
太宰家の人々の思いが、来客を迎えて
いるように感じました。




今日も最後まで読んで頂きありがとう
ございました。

 



【建築ワード説明】


式台(しきだい)
玄関の土間と床の段差が大きい場合に設置
される板のこと。


框(かまち)
玄関など家の上がり口の縁に渡した横木の
こと。
 

梁材(りょうざい)
建物の水平短径方向に架けられ、床や屋根
などの荷重を柱に伝える材のこと。


大黒柱(だいこくばしら)
家の中央にある特別に太い柱 
 

小屋組み

20151014-小屋組み
10月中旬にもなると南中高度も低く、日差しが三和土土間の奥まで差し込んできます。
土間に反射した光線が小屋組みを照らし、ライトアップしているかのようです。
小屋組みを見たい方は、晴れた日の午後お越しください。

古板

20141218-スギ板
土間の中2階に無造作に積まれていた古板。
納屋に移し板幅ごとに整理しています。
はっきりした年代はわかりませんが、母屋が建てられたのと同時期のモノと思われます。
洗って磨いたらキレイだろうなと思いながら、手つかずのままです。
『與那原浩建築設計室』    公式サイトへ
ブログバナー


livedoor プロフィール
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
ランキングに参加しています!
ブログ村ランキング
  • ライブドアブログ