【古民家】小屋組に上がってみた!幾何学模様のように見えるリズミカルな梁の交差とは?【画像つき】



自宅長屋門(ながやもん)で、
建築設計事務所を営んでいる一級建築士 與那原浩です。 



今回も、
私が住んでいる妻の実家 太宰家の土間空間の小屋組(こやぐみ)
の続きを紹介します。



20090909koyakumi2



小屋組(こやぐみ)にハシゴをかけて、登ってみることにしました。
吹抜けの根太天井(ねだてんじょう)から小屋組を見ています。



手前に見えるのが大黒柱(だいこくばしら)の頭部です。間近で
見ると、その迫力に圧倒されます。



小屋組に外部からの光が差し込んでいて、陰影のコントラストが
美しいです。



koyagumi

            ―犬伏武彦著 【民家ロマンチック街道―伊予路】引用―


20090909koyakumi22



こうやって見ると、小屋束(こやづか)
をつないでいる小屋貫(こやぬき)
がリズミカルに交差しています。



小屋梁’(こやばり)の緩やかな曲線と小屋貫(こやぬき)の直線が、
複雑な幾何学模様のように見えて、ため息が出るほど美しいです。



太宰家の大きな屋根を支えるためには、こんなにたくさんの梁や柱で、
小屋組を構成しないといけないということに、あらためて、200年以上昔の
造り手達の大変さに思いをはせています。


20090909koyakumi23


クレーンもない時代に、これだけの小屋組を組む上げることが、
どんなに大変だったか・・・



静寂の中で耳を澄ますと・・・



建築中の当時の職人達が声を掛け合いながら、ひとつひとつ木材を
引き上げている様子が目に浮かんでくるようです。



驚いたことに、江戸末期に造られたこの小屋組は、今もしっかりと
バランスを保っていて、大きな屋根を支えています。



1本でも欠けたらバランスが崩れてしまう小屋組ですが、
ち密な計算で組まれているのか、完璧なバランスで配置されています。



今は、
CAD(キャド)という便利な設計ソフトで、設計や
構造計算(こうぞうけいさん)をしている私には、当時の棟梁の
完璧な構造計算にはとうてい及びません。



090909koyagumi27



長い間、小屋組の美しさに見とれていたので、下を見おろしたら、
根太天井(ねだてんじょう)から土間まで結構な高さがあることに
気がつきました。



ハシゴをかけて上ったので、カメラと三脚を抱えて降りなければ
ならず・・・・今になって足がすくんできました。
 


小屋組の配置を間近で見て、しみじみ、自分の造る家が、太宰家の
ように長い間住み継いでいかれるような堅牢さであらねばならぬと、
気持ちを新たにしました。



今日も最後まで読んで頂きありがとうございました。



【建築ワード説明】


根太天井(ねだてんじょう)
民家の天井形式の一つ。2階の床組を1階の天井として現わしたもので、
根太を渡して板を張った形式のこと。



大黒柱(だいこくばしら)
古い民家などで、家の中央に立つひときわ太い柱

 
小屋束(こやづか)
小屋組を構成する部材で、梁の上に垂直に立ち、母屋と棟木を支える柱の総称。


小屋貫(こやぬき)
小屋組を構成する部材で、柱などの垂直材間に通す水平材。


CAD(キャド)
コンピューターを用いて設計することで、設計する場合は建築設計用の
ソフトを使う。 
computer-aided designの略。

【古民家】小屋組(こやぐみ)の紹介!誰もが魅了される梁の土間空間とは?【画像・動画つき】


自宅長屋門で、建築設計事務所を営んでいる一級建築士 與那原浩です。 
私が住んでいる妻の実家 太宰家の土間空間の小屋組(こやぐみ)の紹介です。



20090908koyakumi1



koyagumi
            ―犬伏武彦著 【民家ロマンチック街道―伊予路】引用―     



我が家の玄関を入ると、三和土の土間の上部に小屋組架構(かこう)
広がっています。



ダイナミックに黒く太い梁が交差する様は、見る者に驚きを与え、その美しい
架構にしばし魅了されます。



20090908koyakumi12




太宰家の土間上に広がる小屋組の架構です。
梁間(はりま)が10m、桁行が6.5mの土間空間を支えている小屋組です。









この小屋組の特徴は、丸太梁(まるたばり)を太い状態のまま使わずに
両端を切り落とすタイコにしていることです。




そのことで、下から見上げた時に空間がひろがり、繊細な架構として
写ります。この様な納め方にしている例は、南予(なんよ)ではあまり
見られません。



古民家研究の第一人者であられる犬伏教授の著『民家と人間の物語』
よれば、太宰家の梁組は『飛騨の匠によるものかと思うほど洗練された梁組』
とあります。




構造的力強さと架構の美しさが共存している空間です。




200年以上昔の江戸末期の時代、重機もないのにどうやって、この大きな梁
を運んできたのでしょうか?



ダイナミックな小屋組を眺めながら、この家を建築している様子を想像して、
その時代に思いをはせてみると、いかに多くの職人達が、太宰家建築に
関わったか・・・
そんなことを考えるのが、とても楽しく思えます。




今日も最後まで読んで頂きありがとうございました。



【建築ワード説明】
 
小屋組(こやぐみ)
住宅などの建築物の屋根部分の骨組のことで、トラスともいう。


架構(かこう)
骨組みとなる部材を結合して組み立てた構造物のこと。


丸太梁(まるたばり)
自然のままの製材されていない木材のこと。


タイコ
丸太材の二面を平行に切り落とし、断面が太鼓形になった木材のこと。


南予(なんよ)
愛媛県の南予とは、宇和島市・八幡浜市・大洲市・西予市・喜多郡内子町・
西宇和郡伊方町・北宇和郡松野町・北宇和郡鬼北町・南宇和郡愛南町の
4市5町からなる愛媛県の南西地域のこと。


犬伏教授
愛媛県在住の古民家研究者 元
松山東雲女子短期大学特任教授
愛媛の民家研究会「茅舎」代表として民家・古建築の調査に従事、松山市の
庚申庵や野村町の土居家などの修復にも当たった。



『與那原浩建築設計室』    公式サイトへ
ブログバナー


プロフィール

與那原浩

與那原浩建築設計室
〒798-1136
愛媛県宇和島市三間町大内20
TEL/FAX:0895-20-7250
携帯:090-7575-1358
email:h_yonahara@ybb.ne.jp
一級建築士
専攻建築士
インテリアコーディネーター
木造住宅耐震診断士
地震被災建築物応急危険度判定士
設計・リフォーム・古民家再生のご相談はお気軽に!
築200年以上の古民家長屋門(ながやもん)で、建築設計事務所を営んでいる一級建築士 古民家建築の専門家 與那原浩です。沖縄県宮古島出身。東京から2000年に妻の郷里である愛媛県宇和島市三間町にIターン。築200年超の古民家で家族と暮らしながら、長屋門に一級建築士事務所を開設。古民家に学ぶ家づくりをコンセプトに住宅の設計監理業務を行っています。愛媛県内子町の町並み修景に多数実績があります。
  

最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
ランキングに参加しています!
ブログ村ランキング
  • ライブドアブログ