一級建築士 與那原浩(よなはらひろし)の
妻 與那原慶子(よなはらけいこ)と申し
す。主人が自宅で、建築設計事務所
営んでいます。



先日、家を建てる時の注文先について3回
シリーズでご説明する
と告知しましたが、
今日は1回目『設計事務所編』です。 



sekkeijimusho160421



あなたは、設計事務所というとどんな
イメージを持っていますか?


・仕事は、建築の図面をかくだけ
・設計料が高そう、余分なお金がかかりそう
・設計料の相場が分からないので、依頼
 しよう
という気にならない
・設計事務所に依頼すると、自分の希望の家
 やこだわりの家が建てられそう



見えてくるのは、
設計事務所に依頼する
と、
自分のこだわりや希望の家を一番実現
してくれる
注文先と思いながらも、設計料が
高額なイメージのため
、断念する人が多いと
いう現実です。




でも、そう思われても、仕方がないです。
設計事務所自体が、仕事の内容や設計料の
目安になる情報を開示する必要があるにも
かかわらず、何もしてこなかったのですから。



そこで、私から見た設計事務所をご説明した
と思います。



■仕事内容・会社規模
仕事:住宅の図面をかくことはもちろん、
   建築現場の監理(図面通り施工されて
   いるか否かのチェック)も行います。
   また、一定の要件をクリアできれば、
   建築士が施工請負することもできま
   すので、お客様は窓口が一つになり
   建築士に依頼するだけで、家づくり
   がラクにできます。
規模:通常1人~3人です。
    大手の設計事務所では、10人以上
   の規模の場合もありますが、
一般的
   には
1人だけというところが多い
   です。    



■設計料
設計料は、建築費の10%前後と言われて
います。都会と地方、有名建築家と一般的な
建築士と、かなりのバラツキがあります。
地方では、設計事務所に依頼するということ
が定着していないので、設計料を10%超え
ることはないと思われます。

お客様の予算に応じたデザインや施工が可能
になるので、現場の材料の選び方や工夫次第
で、ローコスト住宅になる場合もあります。

また、工務店やハウスメーカーと比べると、
1住宅当たりの設計図面の量が圧倒的に多い
です。それだけ、細部まで詳細な図面をかき
ますので、仕上がりも当然違ってきます。

仕事量・仕上がり・
お客様の満足度などを
考えると、
一番満足して頂けると思います。



■こだわり・デザイン力・自由設計度
設計事務所では、どういう家を建てたいか等
のお客様の好みはもちろん、ライフ
スタイル・家族構成・家族の趣味・家での
過ごし方など、細かく聞きとりをします。

また、お客様が言葉にしていないことも配慮
し、トータルプランニングを行います。

建てたい家について、あいまいなイメージ
しか持たれてない場合でも、お客様から様々
なヒントをキャッチして、理想の家を
プレゼンすることが可能です。

そういった意味からも、設計事務所は優れて
いると言えます。



■設計~完成まで
打ち合わせ回数も多く、建築士によっては、
こだわりもあるため、工期は長めが普通
です。初めての打ち合わせから完成まで、
約1年くらいかかるのが普通です。



■品質
監理も行う場合は、図面通りに施工できて
いるか、工事ミスはないかなど、細かく
チェックを行っているので、品質は優れた
住宅になります。



■保証
平成19年に住宅瑕疵担保履行法が成立し、
瑕疵保険加入保証金の供託が義務付け
られることになったので、安心できます。



■まとめ
上記のチェックポイントから、こだわりや
理想の家を建てるなら、設計事務所に依頼
するのが一番よいと思われます。

ネットで検索する場合は、施工実績や人柄
をHPやブログで確認の上、直接問い合わせ
て、相談に行くことをお薦めします。

中には、上から目線のエゴイズムな建築士も
いるので、話を聞いてくれるお客様思いの
建築士に出会えるようお祈りしております。



もちろん、弊社は信頼できる設計事務所と
して、お客様の希望の家を建てることに
全力で尽力致します!




【建築ワード説明】

ローコスト住宅
新築したり、家をリフォームする場合に無駄
を排したシンプルな造りにして、建築費を
抑えた住宅のこと。
一般的に、広さが35坪程度で1000万円
台、坪単価20~40万円と言われています。

住宅瑕疵担保履行法
平成21年10月1日より、住宅瑕疵担保
履行法がスタートしました。この法律は、
新築住宅を供給する事業者に対して、
瑕疵の補修等が確実に行われるよう、
保険や供託を義務付けるものです。
万一、事業者が倒産した場合でも、
2000万円までの補修費用の支払い
が受けられます。

瑕疵保険加入
新築住宅に瑕疵があった場合に、補修等
を行った事業者に保険金が支払われる
制度です。事業者が保険に加入している
かどうかは、工事中に検査が行われます。


保険金の供託
新築住宅に瑕疵があった場合に、補修等
行った事業者が補修を行う責任があり
ますが、万一、その事業者が倒産した場合
に責任を果たすことができなくなるために
備えて、法律で定められた額の保証金を
供託所に預けておく制度のこと。



リフォームや古民家再生だけでなく、
新築のご相談や最初の見積もりも無料
ですので、お気軽にご相談下さい。
  

このバナーをクリックして頂くと、事務所
HPに飛びます。よろしくお願いします!
       ↓  ↓  ↓

ブログバナー2



メールでお問い合わせされる方は、こちらへ
   ↓  ↓  ↓
メールフォーマー



今日も最後まで読んで頂きありがとうございました。